Work / Okamura

多目的スペースを提供するモジュラー・ワークポッド

日本を代表するオフィス家具メーカーであるオカムラは、2019年にtangerineのデザイン・イマージョン・プログラムに参加。同社のデザイナーの1人がロンドンに移住して私たちのスタジオで共同でデザイン作業を行いました。3ヶ月間の共同作業を通じて、私たちは職場での柔軟な働き方のニーズへの高まりに対しての解決策を模索しました。

Services

  • Design Leadership Training
  • Co-creation
  • Product & Service Innovation
  • Design Strategy
  • Product Design

Learning

デザイン・イマージョンは、ロンドンのスタジオで開催されるイノベーションとデザインの共同トレーニングプログラムです。3ヶ月から1年の期間で実施されるこのプログラムは、クライアントチームの能力を向上させると同時に、様々なビジネス上の問題に対するデザインソリューションを共同で創造することを目的としています。

私たちは、クリエイティブな企業文化の中で、新しいカテゴリーのオフィス家具をデザインするために、実用的なインサイトを集めて統合し、アイデア出しから製造までを共に実行しました。 その中で私たちは、「働き方の形は常に変化してきているのに、高価なオフィススペースと固定されたオフィス家具は本当に必要なのか?」と考えるようになりました。

Leaping

調査を通じて、さまざまな仕事や状況に応じて、人々は柔軟性を求めていることが明らかになりました。そして、私たちは、多様な仕事のシナリオをサポートできる家具を作る必要があると考えました。

ワークスペースは、プライベートな空間と、同僚との交流のための空間、その両方を提供できる可能性があるものにしました。

Landing

「Co-comori」は、数分で組み替え可能なモジュール式の作業ブースで、各ポッドには、特徴的な角度のついたパネルの壁があります。人々はポッド内のどの方向に座るかによって、より高いレベルのプライバシー、または、よりオープンな環境、のどちらかを選択することができます。複数のCo-comoriモジュール式ポッドを空間内で連結すると、角度のついた壁が配置に応じてさまざまな特徴的な形になります。

これらは、工具を使わずに簡単に組み替えられるように、超軽量な素材を採用しています。

「デザイン・イマージョン」と呼ばれる共同作業を通じて、オカムラはフレキシブルな働き方のための独創的なソリューションを生み出し、高い評価を受け、Red Dot Award 2020を受賞しています。

The training program 'Design Immersion' provided by tangerine for Japanese companies fits well with Okamura's strategy to design for local cultures.

Shoichi Izawa, Designer at Okamura