フラッグシップサービスステーション

CEPSA

概要

石油・ガスの分野で80年以上事業を展開しているCEPSA(スペイン国内で4番目の規模を誇る産業グループ)は、世界のエネルギー市場で大きな存在感を示しています。企業の製品やサービスがどれほど拡大しても、 ガソリンスタンドはブランドと社会の重要な接点であり続けます。2014年に、CEPSAは旗艦店のデザインを設計し直すことで、 サービス重視のスペースに蘇らせ、ブランド強化を図りました。この目的の達成を目指して、Saffron、tangerineそしてMalka & Portúsの3社によるデザインチームが結成され、ブランド、製品、サービス設計、アーキテクチャという様々な分野を横断した質の高いコラボレーションを生み出しました。ブランドコンサルティング企業であるSaffronは、クリエイティブな方向性とブランド戦略を提案しました。tangerineは キャノピーやトーテム、給油ポンプの台座などのイメージを具現化することで、ガソリンスタンドにおける顧客とのインタラクションを再定義しました。Malka & PortúsはCEPSAの店舗デザインを担当し、デザインの詳細や導入面での監督を行いました。

Cepsaサービスステーション

重要なインサイト

本プロジェクトでは、単に燃料を補給する場所ではなく、利用者が立ち寄り、休息を取れる場所であることを表す、ガソリンスタンドの視覚的イメージを作り上げることが一番の課題でした。道路設備と旅行者のニーズの間にあるギャップを 埋めることで、今回の新しいデザインはあらゆる旅のハイライトになりました。デザインチームの目的は、 新しく意義ある方法でCEPSAを体現し注目に値するサービスステーションを創ることにありました。それにより、顧客体験を向上させ、同時に最新技術の導入によるコスト削減を目指したのです。

サービスステーション キャノピーcepsaサービスステーション

ソリューション

給油ポンプやキャノピー、看板、照明、ショップなどステーション内にあるタッチポイントは、デザインチームによってすべて入念に検討されました。ガソリンスタンドの入り口には、自浄式で軽量、そしてリサイクル可能な最新のETFE素材を使用しています。構造には、様々な形式のステーションに適用可能なモジュラー方式を取り入れました。 100%透過性のあるETFEを利用することで、人工照明の使用量が減少し、ステーションの運営費削減が可能になります。また、革新的なプラスチック製クッションは、軽量かつ通気性が高く、夜間に赤く輝くキャノピーは、ブランドに宝石のようなイメージを与えます。明るい色を特徴とする赤のクラッディングを建物に使うことで、自然に利用者を導きます。 給油ポンプ台には照明付きのパラソルも設置し、ガソリンスタンドの利用者一人ひとりに、よりプライベートな空間を提供しながら、エネルギーの節約にも役立てています。給油ポンプ台での顧客とのインタラクションの未来を考えるtangerineのビジョンは、ポンプとディスプレイを分け、より直感的で自然な給油作業を可能にするものでした。

ガソリンスタンドポンプのデザインガソリンスタンドのトーテムCepsaサービスステーション

新しいCepsaサービスステーション

tangerineへのお問い合わせ

革新的な戦略デザインによってマーケットシェアを伸ばし、新規事業を加速し、投資効率を最大化できる方法を明確にご説明いたします。

お問い合わせ

おすすめの記事