航空機キャビンの調和

Cathay Pacific

概要

香港に拠点を置くキャセイパシフィック航空は、2013年に、新しい長距離旅客機向けのデザインのRFP(提案依頼書)を公示しました。tangerineはこのプロジェクトを勝ち取り、機体全体の内装だけでなく、座席を含むエコノミークラスのデザインを行いました。このプロジェクトにおける挑戦は、キャビン内のインテリアを改装する為のクリエイティブディレクションを見出すことでした。キャビンの改装によりキャセイパシフィック航空のブランド表現を拡張し、最高の乗客体験を実現するエコノミークラスの革新を目指したのです。

キャセイパシフィック航空のエコノミーシート用ヘッドレスト

重要なインサイト

tangerineは、香港の都市と郊外のコントラストを表現するような魅力と驚きに満ちたキャビン空間を演出するというビジョンを掲げました。「現代的な都市である香港の活気あふれる雰囲気と、この街の伝統的な文化をともに表現したいと考えました。このイメージをキャビンのインテリア全体に調和させることで、多くのお客様を惹きつける魅力的な空間を創り出すことができます」(Emma Partridge、tangerine CMFコンサルタント)

乗客をわくわくさせる魅力的な長距離旅客機のキャビンというのは、これまでほとんどありませんでした。しかし、エコノミークラスの旅行者は、快適性だけでなく、安全性と利便性の高いシートで、様々なエンターテイメントオプションを堪能したり、安眠できることを望んでいます。乗客のこうしたニーズは、日々高まっているといえるでしょう。キャセイパシフィック航空のA350-900機280席の中のエコノミークラス214席の利用者にとって最適解を提案するために細部まで徹底的に注意を払い、戦略的な検討を行わなければなりませんでした。  

キャセイパシフィック航空のカラーストーリー

 

ソリューション

インテリアの仕上げは、伝統的なミニマリズムから着想しました。一例として、バルクヘッドのラミネートには竹を連想させる不揃いなストライプ柄のデザインを採用し、すべてのクラスを通じて自然な風合いを実現しています。

キャセイパシフィック航空テドラー

グリーンは、キャセイパシフィック航空のブランドを表すには不可欠な色です。エコノミーシートにはそれぞれの列を際立たせる濃淡の異なる3色のグリーンを使用しています。

キャセイパシフィック航空マテリアルボード

利用者のニーズや習慣に関する詳細な調査を実施し、エコノミークラスの乗客体験を高める革新的なデザインソリューションを実現しました。

キャセイパシフィック航空ヘッドレスト リサーチ

「キャセイパシフィック航空のエコノミーシート向けに6種類のヘッドレストを設計しました。他社では真似のできないイノベーションにより、シートを利用する乗客は、様々なポジションで質の高い休息をとることが可能になります」(Martin Darbyshire、tangerine CEO)また、現在広く普及しているBYODも、座席背面に取り付けました。こうした新しいシートのデザインでは、タブレットなどのデバイスや乗客の荷物を置く場所、ドリンクホルダーなどをすべて一か所にまとめ、高い利便性と機能性を実現しています。

キャセイパシフィック航空ヘッドレスト キャセイパシフィック航空シートiPadトレイキャセイパシフィック航空シートiPadトレイキャセイパシフィック航空 装飾備品

tangerineへのお問い合わせ

革新的な戦略デザインによってマーケットシェアを伸ばし、新規事業を加速し、投資効率を最大化できる方法を明確にご説明いたします。

お問い合わせ

おすすめの記事