tangerineがGeraint Edwardsをサービスデザインのグローバル責任者に任命

tangerineは、サービスおよびエクスペリエンスデザインにおけるコンサルタントの責任者としてGeraint Edwardsを任命します。


Geraintは、国際デザインコンサルタンシーIDEOでインターンとしてキャリアをスタートさせ、IKEAのフューチャーキッチンでの人間の行動の構想や、Care UKとのケアホーム体験の再設計など、大きなプログラムのいくつかを主導しました。

彼のヘルスケアの経験から、新設されたカスタマーラボのデザインディレクターとしてBUPAで働くことになりました。 Geraintはさまざまなデジタルエクスペリエンスを通じてビジネスを顧客のニーズに近づけることで、組織の主要市場全体で人間中心の設計プロセスを支持し、リアクティブケアからプロアクティブで予測的なケアに移行しました。 2年後、共同生活を営む大手の新興企業であるThe Collectiveは、より幅広い顧客体験を構築できるよう支援しました。

そして今日、Geraintが次のステップに選ぶのは、デザインコンサルタンシーのtangerineです。

「tangerineでは、彼らのデザインプロセスにサービス設計手法を導入することで真の価値を付加し、多様なセクターのトータルエクスペリエンス構築をサポートできると信じています」とGeraintは言います。 「IDEOで10年間働いた後、80,000人の組織内で’イノベーションを行う’という課題を鋭く理解してから、生まれたての新興企業と仕事をすることで、様々な人と仕事をする豊富な経験を得ることができました。それはクライアントの明確な課題に共感する力です」

Geraint Edwardsをサービスデザインのグローバル責任者に任命
サービスデザイン統括 Geraint Edwards

「彼がtangerineを選んだのと同時に我々もGeraintを選びました」とタンジェリンのCEO兼創設者のMartin Darbyshireは言います。

確かに、パートナーシップに影響を与えたのは共有されたIDEO DNAです。Martinは、tangerineの創設前にIDEOが設立される前の1980年代初頭にロンドンのMoggridge AssociatesとサンフランシスコのID TWOで、キャリアをスタートさせました。

「Geraintの製品設計トレーニングは、サービスとエクスペリエンスデザインに関する彼の知見と相まって、tangerineのケーパビリティにうまく適合します。私たちはクライアントからさらに遠くを見通し深く掘り下げるように求められています。それはことさら多くの質問をすることではなく、機会を発掘し、クライアントに新しい価値を生み出す正しいアプローチが何であるかについての洞察を得るための的確な質問をすることです。」

この点で、私たちは考えを一にしています。 Geraintは続けます「優れた洞察は優れたデザインを生み出すことができ、怠惰な洞察は怠惰な結果を生み出すだけです」。

現在’InTouch Elderly Careデバイス’の市場投入に向けてスタートアップ’Bluebell’と協業しているため、GeraintのCare UKとBUPAでの知見がtangerineでのキャリアをスタートさせるでしょう。 Covid-19ロックダウン下で開発されたInTouchは、呼吸、体温、姿勢、睡眠をセンサリングするウェアラブルデバイスであり、AIがリモート統括するリアルタイムアラートを備えています。

プロジェクトはMartinの大きな関心下で進み、英国のケア慈善団体でのInTouchの初期のベータ試験は、有効性を示しています。


「Geraintは、フィジカルとデジタルの両側面でのエクスペリエンスへの洞察、データ、およびサービスデザインにおける専門知識を結集して、tangerineの説得力のある提案へ寄与します。BlueBell InTouchは人々の暮らしを変える可能性を秘めています、そしてGeraintはその推進力となるでしょう。」

InTouch Elderly システム by Bluebell

Get in touch with tangerine

We'll explain clearly how we can help you to grow market share, drive new business and maximise your return on investment through innovative strategic design.

Contact us