Young Choo

Young Choo

プロジェクト ディレクター・ソウル スタジオ代表

プロジェクト ディレクター、および2004年に設立された韓国のソウル スタジオ代表として、Youngはロンドンとソウルでの新たなビジネス開拓、プロジェクトリード、デザインチームの統括を行っています。2003年に入社以来、LG、Samsung、Hyundai、Amore Pacificを含む韓国の多くの主要企業とのプロジェクトをリードし、tangerineで輝かしいキャリアを築いています。彼女のリーダーシップによって、ブランドはイノベーション、戦略、他に類を見ないデザインで国内外での成功を実現しました。

Youngはデザイン マネージメントと製品開発、デザイン戦略において高いスキルと経験があり、彼女はtangerineが長期の戦略的パートナーシップを結んだSindohにそのスキルと努力を費やしています。彼女は「Sindoh」ブランドをもつOEM企業のリポジショニングの成功に欠かせない存在であり、デザイン戦略と、彼らの製品のための独自のデザイン言語の開発をリードしています。さらに彼女は、tangerineがデザインした新しい3Dプリンターを展示するためのSindoh本社のショールームのデザインを手がけました。

Youngは、韓国の様々な異なる分野にわたるクライアントの数々のプロジェクトを成功に導きました。これらは、Woongjinの洗濯機のデザインや、KT&GのPOSとコミュニケーション ツールの識別、Hyundaiの携帯録音スタジオのデザインと採掘器具のコンセプトモデルのデザイン、新ブランドと新たな販売方法・店舗形式の導入による国際市場へ向けたリポジショニングを行った、韓国の化粧品ブランドInnisfreeと多岐に及びます。

Youngは、多くの製品を生み出しているLGとのパートナーシップにおける主要人物です。これまでtangerineと生み出した製品数は、携帯電話のデザインからヨーロッパ市場に向けた洗濯機まで 85 以上に及び、包括的な研究開発と 4 か国でのコンシューマー リサーチも行いました。アメリカで教育を受け、さらにイタリア、イギリス、韓国での就労経験から、ヨーロッパの消費者動向への鋭い理解力と、アジアのブランドが国際的に成功するための情報の転換方法の鋭い理解力を培いました。

彼女は本能的なデザイン思考をもち、さらにデザインとイノベーション マネジメントへの専門性で、複雑なビジネス チャレンジをより深く理解します。Youngは専門性をより高め業界の先駆けとなるべく、現在ロンドンのブルネル大学博士課程で学んでいます。彼女は博士課程で学ぶ研究内容をもとに、tangerineのクライアントにデザイン戦略の発展を伝え、そしてデザインがクライアントのビジネスにもたらす効果を効率的に描きます。

tangerine 入社
2003 年

学歴
College of Architecture, Art & Planning, Cornell University(コーネル大学、カレッジ・オブ・アーキテクチャー、アート& プランニング)Bachelor of Fine Arts (Painting and Sculpture dual major)(ファインアート)

Email Young

You may also be interested in...