モビリティの未来

どうすれば移り変わるユーザーの需要を予測し、モビリティの未来を形作る策を打ち出すことができるのでしょうか。

2050年までに、世界人口は100億人近くに達し、そのうち68%が都市部に住んでいると考えられています[1]。これが既存のインフラストラクチャに今までにない影響を及ぼすことは明らかです。モビリティ事業において既存のシステムが機能しなくなる前にソリューションを素早く見つけ出す必要があります。

‘人口の増加により、自動車の需要は必然的に増加します。 現在、約10億台の車が道路を走行していますが、2050年までには世界の自動車台数が25億台に達する可能性があります[2]。社会での消費活動に劇的な変化が起こらないことに加えて、技術力では解決できないほど需要が膨らむことにより、都市ではますます交通量が増え大気汚染が進むでしょう。

全体像を見ると、交通輸送は何十年も基本的には変わっていません。1913年に組立ラインによって大量生産された最初のT型フォードが発売されて以来目覚ましい成長を遂げた車ですらそれほど変わっていません。現在ではより複雑なセンサーや安全機能を備えていますが、4席、4輪といった基本的な構造は同じです。バッテリー技術の進歩によって誕生した電気自動車にも、この既存の型は残っています。

時代は変化しており、今日私たちは本当にモビリティ革命の寸前にあります。人々は1年で約52兆キロを移動するようになると考えられていますが、この距離は2地点間の移動に換算すると信じられないほど長い時間に相当し、世界中の輸送システムに革命を起こしうると考えられています。様々なモビリティオプションが出現している今日、これまでの100年間に夢見ていた空飛ぶ車や電動車両などの新しい輸送形態がついに実現するかもしれません。

例えば電動キックボードはユーザーの心を掴み、信じられないほどの速度で普及が進んでいます。Limeは2017年に設立され、現在では100以上の都市に広がっており、同社の価値は24億ドルと評価されています。都市部では短い移動に適したマイクロモビリティが自動車よりも好まれ、成功を収めています。電動車両の領域ではEVTOLの実現はそう遠くはありません。

10年前、私たちの選択ははるかに簡単でした。移動前に、コーヒーを飲むのに十分な時間があるだろうか、と自問しさえすれば済みました。しかし今日、移動を検討する前であっても、どのウェブサイトやアプリを使って計画を立て予約するべきかを調べ、どの交通手段が最適な価格で効率的な移動を提供してくれるのかを考える必要があります。都市部での移動時には圧倒的に多くの選択肢がありますが、この選択の増加は実際にユーザーエクスペリエンスを改善しているのでしょうか。

90年代、電子メールの導入はその革命的な通信速度によって生産性を高め、社会に多大な影響を及ぼしました。しかし今日では、新しいデジタルプラットフォームが常に登場し、どの通信オプションも魅力的で選べない、という贅沢な悩みを抱えています。これらの通信開発は多くの利点をもたらしましたが、現在限界点に達しているのでしょうか。Wiredは絶え間ない通知が人々の仕事を妨害しているとしてSlackを記事[3]において非難しています。新しい製品やサービスを開発するとき、これは私たちの生活に本当に改善をもたらすのだろうか、それともむしろ支障をきたすものなのだろうか、と私たちは常に自問する必要があります。

また、ある分野のトレンドが別の分野にも当てはまるとは限りません。通信分野で起こったことは、必ずしもモビリティの未来予測ではありません。David BowieがかつてBBCのNewsnightで疑い深いJeremy Paxmanに注意深く指摘したように、「予測は危険」です。ある分野のトレンドが必ずしもMaaS(サービスとしてのモビリティ)の未来を牽引するとは考えられません。

人間として私たちが抱く新しさへの欲求はものを獲得する方法を変えました。最近では車の購入が稀になっているだけでなく、音楽から食料品まであらゆるものがサブスクリプションサービスを通じて提供されまていす。私たちはサービスの時代にあり、今日私たちが購入する製品は、その寿命を通じて変化し改善されることが期待されています。ポルシェ911のデザインチームはこれを先取りし、ハイブリッドシステムを介して将来向けの製品に改良してきました。 その代わりに、本来必要とされるよりも重くて大きな車両になりました。

バックストリートガレージがワイヤレスファームウェアに置き換えられ、車両の改良とアップグレードの方法も変わりました。主要なOEMグループ会社は、複数年契約よりも、頻繁な更新と柔軟性の向上を望むユーザーの声に応えて、独自のサブスクリプションプラットフォームを提供する新しい所有権プラットフォームを提供しています。

技術の発展と世界人口の増加に伴い、企業は快適で、安価で、安全で、信頼性の高い輸送への需要の高まりに応える必要があることは明らかです。統計データによると、私有車は現在平均して5%の時間しか利用されていないということです。米国だけでも、現在使用されていない車の駐車スペースの不動産価値は25億ドルあると推定されています[4]。

それでは、車が駐車されなくなった場合はどうなるのでしょうか。なぜ私たちは、使用されている時間の95%ではなく、使用されている時間の5%だけのために車両のデザインをしているのでしょうか。 カーシェアリングが当たり前になるのでしょうか。

それとも、ユーザーは「所有」を望むのでしょうか。ユーザーにとって「運転」への社会的な価値がライドシェアの利点を上回り、個人の車の所有に対する需要を高く保ち続けるのでしょうか。

世界は一晩で変化する可能性があることを常に念頭に置いておく必要があります。近年、例えば、Uber、Deliveroo、ZIP、Limeなど10年前にはなかった企業から新しい形態のモビリティが出現し、急速に普及しています。現状に満足している余裕はありません。実際にテクノロジー業界には、変化に追いつけなくなった企業がいくつかあります。BlackberryとNokiaの携帯電話事業の崩壊がその例です。企業として、自分たちのビジネスが時代遅れにならないように、私たちは常に未来に目を向けなければなりません。

tangerineでは、これはお客様にとって良いものなのか、ビジネスとして良いものだろうか、ユーザーエクスペリエンスを改善する機会はあるだろうか、と常に自問しています。2050年には100億人の潜在的顧客がいることを考えると、多くの人々と複雑さを考慮して事業を推進する必要があります。

私たちはすべての答えを得られるわけではありませんし、誰も答えは分かりません。しかし、私たちはカスタマーエクスペリエンス全体を見て、志を同じくする企業とパートナーシップを構築し、課題に真正面から取り組む必要があります。航空、鉄道、自動車の各分野のパートナーと共に、より明るいモビリティの未来の創造に私たちは取り組んでいます。

[1] UN’s World Population Prospects 2019

[2] International Transport Forum

[3] Wired, How Slack Ruined Work

[4] Fortune, Today’s Cars Are Parked 95% of the Time

Get in touch with tangerine

革新的な戦略デザインによってマーケットシェアを伸ばし、新規事業を加速し、投資効率を最大化できる方法を明確にご説明いたします。

Contact us